為什麼要開始改用布衛生棉?

這是我在日本網路上搜到的資料,將內文大略翻譯,給各位女性們參考。

原文出處:健康情報、女性健康、健康器具、健康グッズのことなら女性のための健康情報サイト ADIO

        こころとからだと環境について考える 布ナプキン

 

布ナプキンって?

エコナプキンとも呼ばれて、環境問題に敏感な女性達の間で話題になっている布ナプキン。
これは市販の使い捨てナプキンと違い、布でできた、洗って何度も使えるナプキンです。
「生理ナプキンを繰り返し使うなんてちょっと抵抗ある!」という方もいるかもしれませんが、
なかなか使い心地がよく、若い人を中心に急速に広まっています。

何謂布衛生棉?

也稱為ECO衛生棉,在對環境問題敏感的女性們間正成為話題的布衛生棉。
與市售的用完即丟的衛生棉不同,使用布料製成,清洗過可以反覆使用的衛生棉。
雖然也許也有「對於生理衛生棉反覆使用有點無法接受!」的人,
使用上覺得很舒服、以年輕人為中心急速地拓展開來。

なんで市販のナプキンじゃダメなの?

私たちが長年何の疑問も持たずに使い続けている生理用ナプキン。
市販の生理用ナプキンは紙おむつ同様、ほとんどが石油系の素材で、
表面には漂白したレーヨンやポリエステル、ポリプロピレンなどの不織布、
内部にも漂白した綿状パルプや高分子吸収材、ポリマーなどの吸収促進剤、
消臭のためのデオドラント剤、香料など本来不必要なものが使われています。

どんどん新しい商品が出てくる中で、吸収力が高く漏れにくい、という言葉を売りにしていますが、
その体への影響には目を向けられないままです。

為什麼市售的衛生棉就不行?

我們長年來一直沒有疑問地持續使用的生理用衛生棉。
市售的生理用衛生棉和紙尿褲一樣,幾乎都是使用石油性的材料,
表面是漂白過的嫘縈(RAYON)或是聚酯(POLYESTER)、聚丙烯(POLYPROPYLENE)等的不織布,
裡層也是漂白過的綿狀黏漿狀物質(PULP)或高分子吸收體、聚合物(POLYMER)等的吸收促進劑,
還使用了原本不需要的東西,為了消臭的防臭劑(DEODORANT)、香料等。

即使不斷推出新的商品,用吸收力強、不易漏的言詞來銷售,
也只是不敢正視對身體的影響而已。

使い始めて体が変わるナプキン

最初は布ナプキンを拒んでいた人が、一度使ってみると、頭ではなく体が喜ぶのを感じると言います。
「使い始めて体が変わった」「生理痛がなくなった」「全然むれません」「ニオイもありません」などが
実際に使用した方の感想です。
生理中の独特のにおいは血液の臭いではなく、石油製品がむれた臭いです。
これを布ナプキンに変えるとにおいが軽減されるのです。
そして布は石油系の素材を使用している市販ナプキンに比べてかぶれにくいというのも特徴です。

また、出血が少なくなったという報告もあります。
「まずいな」と思うとすぐにトイレに行き、トイレの時に出るようになります。
昔、女性は生理をコントロールしていたといいます。
それが現代は吸収力のある市販のナプキンを使うことで鈍感になり、
大量の血液をナプキンに出してしまうようになったのでしょう。

大量出血の不快感も布ナプキンにはないのです。

開始使用後改變身體的衛生棉

雖然也有一開始拒絕布衛生棉的人,ㄧ但試著使用,不只是頭可以感覺到身體的喜悅。
「開始使用後身體改變了」「不會生理痛了」「完全不會悶熱」「也沒有臭味」等,是實際使用過的人的感想。
生理期中特有的味道不是血液的臭味,而是石油製品悶出的臭味。
這點由改成布衛生棉後可以減輕臭味。
這是布料與使用石油性材料的市售衛生棉相較下不容易皮膚發炎的特徵。

而且也有出血變少的報告。
變成想到「慘了」馬上去廁所,上廁所的時候來了。(這裡翻得不是很好,請各位賜教)
以前,聽說女性可以控制生理。
而現代使用有吸收力的市售衛生棉而變得鈍感,
也許是有衛生棉可以接住大量的血液。

布衛生棉不會有大量出血的不舒服感。

市販のナプキンは有害化学物質を体内に吸収している?

そして市販製品で一番懸念されるのは、ダイオキシンが含まれているという可能性があるということです。
生理用品にとってダイオキシンが何故問題になるのでしょうか?
『ひろがれひろがれエコ・ナプキン』(地湧社)の著者であり、エコ・ナプキンの普及活動を行う角張光子さんはその著書でこうおっしゃっています。
「ダイオキシンはわずかな量でも非常に強い毒性を持ち、その多種多様な毒性の中でも最近注目されているのが生殖毒性です。
そのホルモンの撹乱作用が、女性の場合では子宮内膜症、流産、死産などを引き起こします。

(中略)日本では、子宮内膜症や子宮筋腫に苦しんでいる女性の数は、五人に一人、四人に一人といわれているのです。」
私たちは長年、この使い捨てナプキンから、ダイオキシンなどの有害化学物質を体内に吸収し続けている可能性があるのです。

市售的衛生棉的有害化學物質會吸收到體內?

市售製品最被質疑的是,可能含有戴奧辛(DIOXINE)。
對於生理用品為什麼戴奧辛會成為問題呢?
『ひろがれひろがれエコ・ナプキン』(地湧社)的作者,推行ECO・衛生棉普及活動的角張光子小姐有這麼提到。
「戴奧辛」是微量就帶有非常強的毒性,在種類繁多的毒性中,最近最被注意的就是生殖毒性。
對賀爾蒙引起混亂的作用,以女性來說會引發子宮內膜症、流產、死胎等。

(中略)在日本,因子宮內膜症和子宮肌瘤所苦的女性人數,5人中有1人,4人中有1人的比例。
我們長年因為這種
用完即丟的衛生棉,可能會將戴奧辛等的有害化學物質持續吸收至體內。

自分の身の回りからエコを考える

また、角張さんはこうもいいます。
「市販品は燃やすとダイオキシンが出てしまう。
 ダイオキシンは体内で増殖を繰り返し、減っていかない。大気中に出ても無害化できない。」
私たちは世界中で 毎日ものすごい数のナプキンをごみとして排出しています。
そしてゴミ焼却炉で焼くと同時に有害物質を空気中にばらまいているのです・・・。

從自身周圍檢討環保ECO

再來,角張小姐來提到。
「燃燒市售品也會釋出戴奧辛。
 戴奧辛會反覆在體內增加,不會減少。排到空氣中也不能無害化。」
我們在世界上,每天都排出非常大量的衛生棉垃圾。
用垃圾焚化爐燃燒同時也將有害物質散播到空氣中。

生理中の自分を好きになる

生理中の女性がイライラしたり、精神的に不安定になったりするのはどうしてでしょうか?
ホルモンのバランスとも言われていますが、そのほかにたくさんの「嫌悪感」があるのではないでしょうか?
「ニオイが気になる」「ムレる」「お腹が痛い」など。
そしてなんとなく、罪悪感さえ感じてしまうことがあるのです。
なぜ自然な体の働きである生理に対して罪悪感があるのか?

それは、自分の体から出る月経血を、体から離れた途端に「汚物」として扱い、
簡単便利な使い捨てナプキンを「汚物入れ」に入れて「ゴミ」として処理する、
という社会のシステムにあるのではないでしょうか?
女性はなんとなく自分の生理を汚いものとして扱っているのです。
さらに環境に関心のある方は処理しにくいものを毎月捨てている罪悪感もあるでしょう。

布ナプキンでこれらのことから開放され、生理中の自分を好きになって、気持ちよく生理をすごしてみませんか?

要喜歡生理期中的自己

生理期中的女性為什麼會焦急、精神不穩定呢?
雖然可以解釋成賀爾蒙的平衡造成的,此外說不定是許多的「厭惡感」造成的吧?
「擔心味道」「悶熱」「腹痛」等。
不知不覺而產生了罪惡感。
為什麼會對自然再不過的身體機能感到罪惡感呢?

那是因為,從自己身體出來得月經血在離開身體後被當成「汙穢物」,
在社會系統中,不是有這種將簡單便利的用完即丟的衛生棉被丟進「垃圾桶」當成「垃圾」處理的事嗎?
女性也不知不覺地認為自己的月經當成穢物。
更有關心環境的人對每個月丟出難以處理的東西而感到罪惡感。

為何不試著用布衛生棉可以從這些事中解放開來,變得喜歡生理期中的自己,舒適地度過生理期呢?

自分で作る布ナプキン

現在、いろいろなところで布ナプキンが販売されていますが、
ADIOではもう一歩踏み込んだ提案をします。
それは布ナプキンを自分で作るというもの。
自分のことは自分で考え、自分の使うものは自分で作るという考えかたです。
「体にやさしい」の積み重ねが「地球にやさしい」につながります。

自己作布衛生棉

現在,有許多地方有在販賣布衛生棉,
但ADIO要作更進一步深入的提案。
那就是自己製作布衛生棉。
也就是自己的事情由自己思考、自己只用的物品由自己製作的想法。
「對身體好」的重疊就是「對地球好」的延續。

<聲明> 

     翻譯只是要練習日翻中供大家參考,
    
中文翻譯文字屬於我個人所有,原文版權屬於發文者
     請勿擅自盜用或文字出版。
    
如果有需要請標明出處及引用,謝謝!


Linume 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()